JukeboX

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JukeboX

木から落ちたリンゴは元には戻らない

MENU

なぜ人は戦うことが好きなのか?現代の小さな戦争から大きな戦争まで

古来から人は戦いを続け、常に何かを殺し続けている。それは食用であったり、趣味や享楽、害を与える罰、ある信念や価値観の違いで同種である人間をも殺す。

弱肉強食の世界と言ってしまえば楽だが、人間は理性を得てしまったが故にそう簡単には済まされない。
人は食べ物が一定の生産ラインを下回ると絶滅危惧種と言い、保護するようになる。全ての種を生かそうとするのが、私の思う人の不思議なことである。

現代でも起こる小さな戦争

それはネットワークの繋がりが生む些細な争い、例えばゲハこれはゲームハード論争や業界の裏話、業界人のゴシップについて語らう、割とロクでもない場所で、 住人は、任天堂ソニーマイクロソフトセガといったハードウェアメーカーの立場にたち、苛烈な代理戦争を繰り広げている。 
日本は島国で宗教分離や人種問題など海外ほど大きな問題にもならず、今は戦争もない平和な国である。こんなちっぽけな戦争を起こすのは平和たる所以であり、無為な事だが、実際に起きている。よく分からないが対立関係で敵方に不利な状況を煽り爽快感を得るのだろう。
かの有名な『はちま起稿』です。
どの記事でもいいのでクリックして下へスクロールしてみて下さい。


本能的な面と合わせてもう一つの戦争『いじめ』やり方を教えていないのに、幼い子が勝手にそんなことをするのは何故か?ドラマの見過ぎ?ゲームの影響?
私から言わせれば「じゃあなぜそんなドラマやゲームを放送・販売するのか?」と聞けばそれは利益が取れるからだろう。
いつも人はそういう内容が好きだ。近年の人気漫画、確かに恋愛モノや些細な心の動きを取ったものもある。だが、我武者羅に血と胸糞悪いシーンを書くだけで売れるという傾向にある。
確かにほかの登場人物との駆け引きや設定が面白いという物もある。だが、血や残虐な表現は人の心に恐怖心と何を掻き立てる興奮が宿るものだ。

具体例を貼らせてもらうが、内容がぺラッペラということを言いたい訳で(ry

学園×封鎖 : 1 (アクションコミックス)

学園×封鎖 : 1 (アクションコミックス)

王様ゲーム 起源 : 5 (アクションコミックス)

王様ゲーム 起源 : 5 (アクションコミックス)



相乗効果など、争い、競争はいい面に持っていくこともある。人よりも頭が良くなりたい、儲けたい、モテたい。それぞれの目的達成の為に、校内順位や偏差値、スポーツ、価格競争などがあるわけだ。上手く人の心理を付いて動いているのだなぁと思ってしまうこともある。


これから、そして過去の大きな戦争

過去の2度の世界大戦はここに説明出来ない程の複雑な利害関係の対立で起こっています。そう簡単にはあんな大きなことにはならないのです。
太古から争いを続け、科学と技術の進歩と同じく、その戦い方も変わってきました。

今後もテロ組織との争い、コップ1杯の水を巡る争い、資源を巡っての争いが起きかねない時代です。私の予想では2100年には大きな戦争が必ず起きます。

戦後70年ということで、日本のテレビもよく扱っています。ですが、戦争が終わっても争いは終わりません。つい先程、日韓外務省局長協議を15日に東京都内で開催すると発表した。11月の日韓首脳会談を受け、慰安婦問題の「早期妥結」に向けて話し合うそうですが、それだけに留まらず国内に流れる反韓風、在日朝鮮人に対してもネットではやりたい放題です。
私はここの問題はデリケートですので、あまり触れませんが、歴史的観点から人は同種でも国として分け、ネットでは恐らく戦争体験をしていないし、別に朝鮮の人になにかされた訳でもない奴が(それは両国同じ)論争をしたり、煽ったりしてしまうことが伺えます。



人の本能として見る

表向きでは世界は繋がろうとしているが、表向きでは何を考えてるか知ったことではない。本当に本能が出ているのはネットの中、つまり、不特定多数かつ自分の特徴を文字だけでも特徴づけられる世界なら本能むき出してしまうのだと考えます。
人は戦争が好きとは言いません。むしろきちんとした頭をしているなら嫌でしょう。

ですがゴリラで毛むくじゃらだった頃は同じ見方を攻撃することは無かったのに、土地を持って、集落を作った頃から人は武器を持ち同種を殺すことを始めました。
自分の欲求の為に人を殺した始まりです、それから時を経て何億リットルもの血が流れたことでしょう。

人類とはそういう生き物。世の中を廻すには争いはいい面でもわるい面でも消すことはできない。








…私って文章力ないですね…言葉が少ないので上手いことかけていませんが、長文お付き合いいただきありがとうございました。




広告を非表示にする