JukeboX

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JukeboX

木から落ちたリンゴは元には戻らない

MENU

Macbook PRO Touch bar今買うなら絶っっっっっっっっっっ対知っておきたい3つのこと

いやはや国内でもようやく発売された「Macbook PRO 2016」です。タッチバーや端子の問題など、「モデルチェンジ」というのはいつでも問題を抱えてやってきます。

性能だけの変化ではなくボディや大幅な改変を交えた久々の本当の新型ですよ。もう予約されて待ちきれねぇ!!って人も多いんじゃないでしょうか?


ここで、色々な海外の方の動画や動作関係の検証結果の記事などを見て回って、「来年のAppleカンファレンスまで待てない」という人は何を買うべきか…まとめてみました。
話題性や気分で乗り換えるのも良いですが、折角諭吉を10枚以上出すんですから、よーく選んだ方が楽しいですよね。(買う前が一番楽しかったりする)


まずPROである必要があるか

愚問かも知れませんが、そもそもMacbookを何故買うのでしょうか。windowsが嫌いという人や、あのトラックパッドに惹かれたって人もいるでしょう。
ですが、「PRO」である必要があるのか今1度再確認しなければなりません。もし、あなたがMacbookを手に取って1ヶ月間やることに

○動画編集

○写真加工

○絵描きソフト

○アプリ制作

○音楽制作

○Adobe製品を使い回す

のうちどれも当てはまらないないならMacbook PROである必要はありません。よくPCで「後で後悔するくらいならスペックは高い方がいい」と言いますが、確かにそうですスペックは高いほうがいいです。ですが、あっても宝の持ち腐れになってしまうようなことはしない方がいいです。
だったら浮いたお金で別のことに使った方がいいわけです。


f:id:Whitegame:20161119185038j:plain
こういうカッチョイイスタンドを買ってもいいわけで




PROじゃないなら何にすればいい? それはMacbook もしくは Macbook Airです。

MacbookもAirも店頭で買えます。値切り交渉が上手く行けば実質10万でどちらも買えるでしょう。(Airは元々安い)
Retinaが欲しいならMacbook、要らないならAirです。特にAirはmac特有の「光るリンゴ」を持つ現在唯一のMacbookです。
どちらも魅力的な機種なので是非是非。

とはいえ…
f:id:Whitegame:20161119185025j:plain

このスペースブラックがいいのッ!!

という人もいるでしょう。なかなかい色していますし、一目で「あ、最新のMacbook PROだ」と分かる色なので、最新Macbook PRO購入者の半分以上がこの色を購入すると読んでいます。

まぁ予算との戦いですね…(^^)


タッチバーモデルは高い、電池持ちが悪い

「MacBook Pro (Late 2016)」の電池持ちはどう?バッテリー性能を比較 | gori.me(ゴリミー)

f:id:Whitegame:20161119185410j:plain

最も電池持ちが長かったのは「Touch Bar」を搭載していない13インチモデル。961分(16.01時間)という記録を残し、旧モデルやWindows PCと比較しても最もバッテリーが長持ちという結果に。

「Touch Bar」搭載モデルのうち、最も電池持ちが長かったのは15インチモデル。ただし、内蔵GPUとdGPU(内蔵されたGPUとは別に用意されている独立GPU)のみで使用した場合には大きな差があることに注目。内蔵GPUとdGPUが自動的に切り替わる状態で使用した場合は933分(15.55時間)を記録し、「Touch Bar」非搭載モデルに迫る電池持ちを記録。一方、dGPUのみを使用した場合は449分(7.48時間)という短さに。


現在Appleストアで新製品と並ぶMacbook PROを順序付けるなら

タッチバーなし13インチ>タッチバーあり15インチ>2015年の13インチ>2015年の15インチ>タッチバーあり13インチ

ということになります。
国内でも多くの人が買いそうな13インチタッチバーモデルは実はとっっっっっても電池持ちが良くないのです。
どこぞの海外Youtuberも言ってましたが、「タッチバー付き13インチは10時間持つとあるが持たないよ。7時間でノックアウトだ」とのこと。

原因は言うまでもなく「OLEDタッチバー」ファンクションキーを廃止し、有機ELの画面を置いたことにより、割く電力が増えたわけで…(OLEDは省電力とはいえど無いよりは食う)
さらにAppleは軽さを1.37kgで統一する為にタッチバーの有無によってバッテリー量を変えています。
13インチのバーなしモデルはタッチバーの分バッテリーを詰め込んで重さを揃えようとしているので、必然的に電池持ちがいいわけです。

つまり!!今年のモデルで電池持ちを最も重点的に考えるならバーなしの13インチがいいのです!!


買うならAppleストア

よく言われることですが、「頭のいい人は型落ちモデルを買う」と。
Appleの「整備済み製品」をご存知でしょうか?中古だけど新品という微妙なポジションの製品なのですが、黙って渡されたら新品と思うレベルまで徹底した審査を抜けた製品です。

去年のモノや一昨年のものなどが置かれており、絶えず製品が入れ替わっています。
ここが意外と穴場
数年ごとのCPUの性能差なんて微々たるもの。と考える人なら旧型一択でしょう。
新しい方が性能がいいに決まっていますが、去年までがはそれが最高品質だったのです。そう思えばハイスペックでしょう(投げやり)

ただし、気をつけるべき点は
「タッチバーはやってこない」
「USキーはやってこない」
ということ、JISキーボードが嫌なら整備済み製品は諦めましょう(たまにあったような気がするけど)

そしてなんといっても

Macbook(PRO)は高値で売れる

ことを忘れてはいけません。新型を買っても数年後に売ってしまえば状態にもよりますが実質10万以下でMacbookを買ったことになるのです。

特にPROのUSキーモデルがヤフオクなどでは結構高レートです。
嫌な話かもしれませんが売ることを前提にまたMacbook PROを買いたいならUSキーモデルでもいいかもしれません。
となればAppleストアで買うしかないのです。Appleケアや丁寧な梱包、カスタマイズもできますし、やはりMacbookはAppleストアで買うのが一番ですね

店頭で買ってもApple製品は値下げしないし、付いてもどうせポイントでしょ…(ボソッ)






まとめ


ということで良くまとまってない気がしますが、個人的にPROが欲しいなら今の狙い目は

○Macbook PRO(late2016)タッチバーなしモデル

ポイント
・電池持ちがよく、性能も充分、何より最新
・来年無くなるかもしれない
新型でこの安さはエグい
・外部入力端子が二つしかないのは人によっては不便

ただしタッチバーの13インチより端子が減ってたり、CPUの性能が少し落ちてるイジメにあっているのは注意

○Macbook PRO(late 2016)15インチタッチバーモデル

ポイント
・フルスペックはMac PROにも及ぶハイパワー
・電池持ちの改善と重さの改善は大きい
・タッチバーありなら15インチ一択
・それでやっぱり重いけど2kg切ったのはでかい

ただし人を選ぶモデル。充分にメインとして使い回せる人のみ15インチかな…と持ち歩くには少し…


○Macbook PRO(2014or2015)整備済み製品より

ポイント
・メモリが必ず16GBなのは嬉しい
・ハイスペックなのにタッチバー付きの13インチと同価格
・光るリンゴに豊富な接続端子
・旧型13インチより高コスパ

ただしとっても重いので運びまくるなら注意、家でーとか車で移動ーとかなら全然現役でも困らないスペックです。





どうでしょうか?まあ満足のいく買い物は人それぞれですが、個人的に「やらかさない買い方」としてまとめてみました。購入の参考になれば幸いです。



でわでわ

広告を非表示にする